Umit V1 Kimono (Beige) Umit V1 Kimono (Beige) Umit V1 Kimono (Beige) Umit V1 Kimono (Beige) Umit V1 Kimono (Beige) Umit V1 Kimono (Beige) Umit V1 Kimono (Beige) Umit V1 Kimono (Beige) Umit V1 Kimono (Beige) Umit V1 Kimono (Beige)
Umit V1 Kimono (Beige)
Umit V1 Kimono (Beige)
Umit V1 Kimono (Beige)
Umit V1 Kimono (Beige)
Umit V1 Kimono (Beige)
Umit V1 Kimono (Beige)
Umit V1 Kimono (Beige)
Umit V1 Kimono (Beige)
Umit V1 Kimono (Beige)
Umit V1 Kimono (Beige)

Umit V1 Kimono (Beige)

Regular price ¥39,600 Sale
16
Size

Umit V1 Kimono (Beige)

White (Beige Embroidery)

Gi top: Pearl Weave Cotton, Gi Pant: Twill Cotton

ウミット ベナンはデザイナーのウミット・ベナンが自身の名を冠して2009年に発表したブランドとしてスタート。

1980年、トルコ人の両親のもと、ドイツのシュトゥットガルトで誕生。2歳の時にイスタンブールへ移り、15歳まで過ごした。学校に通いながら、家業のテキスタイルカンパニーでも働き、ファッション業界に関することは父から教わったそうです。

 

高校はスイスにあるルガーノ高校を卒業し、18歳でイギリスのボストンへ行き、ボストン大学に入学します。

マーケティングなどについて学び、幼少期から様々な国々を渡り歩き国際的で、多文化的なキャラクターによって、彼自身のキャラクターが開花し始めます。

そしてアメリカに住み始めた時からデザイナーとしての道を志し夏の間は、ミラノへドローイングのレッスンを習いに行くなど、デザイナーとしての基礎をひとつひとつ身に付けていきました。

大学の学位を取得したのちは、ミラノへ移住し、インスティテュート・マランゴー二(Isutituto Marangni)というイタリアで創立された服飾の専門学校でファッションの修士コース。

そして、二年後には、ロンドンのセントマーチンズにあるロンドン芸術大学(University of the Arts London Central Saint Martins College of Art and Design)のスタイリングコースで学んでいます。

ウミットベナンが24歳を迎えたころ、アメリカへと再び戻り、ニューヨーク、マンハッタンの芸術大学であるパーソンズ・ニュー・スクール・フォー・デザイン(Parsons The New School for Design)でパターンメイキングの工程をも学びます。

その後、ウミットベナンは複数のブランドとのコラボレーション作品を発表しました。2006年、再度イタリアミラノへと戻り、そして2009年にブランドを立ち上げることになります。

ウミットベナンのセカンドコレクションが、「Whos on Next」という新人発掘コンテストの第一回目のコンペティションで、一位を獲得し、注目を集めることになりました。

2011年にはトラサルディ(Trussardi)とのコラボレーションを行い、メンズ、レディスの両コレクションのファッションコンサルタントに就任しています。

その初めてのコレクションによって、世界中のファッション関係者や、セレクトショップから称賛を受け、話題となり一気に、ウミットベナンの名は世界を駆け巡ることとなりました。

商品のお届けは7月末頃を予定しております。

工場生産状況や輸入通関状況により遅れる場合もございますのでご了承ください。

即時発送ではございませんのでご注意願います。

注文の取消、注文後のサイズ変更、お客様都合による商品の返品交換は出来ません。

携帯電話メールアドレスは不着、迷惑メールに分類される事象が多く報告されています。PCメールアドレスの使用を推奨いたします。

バッグや巾着袋が付随する場合には輸出入輸送時の商品保護用のものであり商品の一部ではございませんので保証交換の対象にはなりませんのでご注意願います。

 海外生産製品の為、縫製のほつれや刺繍の歪みなどがある場合がございます。海外のメーカー基準の検品となっておりますのでご了承の上、購入の申込をお願いいたします。  

Umit Benan wanted to be a filmmaker, but diverted to fashion rather naturally, keeping the urge to tell stories intact. He makes no real distinction between life, fantasy and fiction because really there isn’t one. “I am interested in contrasts. That’s what life is all about, isn’t it?” he says. His clothes – real, bold, imaginative – follow suit.

Aesthetic imprinting leaves an indelible mark on fertile minds. Umit Benan was born to Turkish parents in Germany in 1980, and raised in Istanbul. As a kid in the 80s, he was bombarded with the assertive fashions and powerful masculine visions of the time, thanks to his clothing manufacturer father. As a teen in the 90s, he absorbed the contrasts and layering of the decade while growing up away from home at boarding school and university, in Switzerland and the US. His utterly personal point of view stems from these roots.

After graduation, Umit landed jobs with prestigious designers in New York and in Milan, where he finally settled in 2006. He launched his eponymous line in 2009 and swiftly won the 1st edition of Who’s on Next/Uomo contest the year after at Pitti Uomo. In 2012 Umit Benan was chosen the best menswear brand in Japan. And between 2011/2013 Umit was the creative director of Trussardi designing mens, womens and accessories for the 1st line.

Umit Benan uses clothes to build personas, putting to good use the muti-culti life experiences accumulated in a chaotic city full of contrasts such as Istanbul or the mingling of different characters and cultures experienced in the dorms of boarding school. It’s these mixes and frictions that get him going. “I don’t like perfection” he states, having mastered the art of perfect imperfection. Street-casting, thereafter, becomes an essential tool: not as a show trick, however, but as an integral phase of the design process. When Umit finds the character who epitomizes the mood he has in mind for the season, he builds a whole fictional story around him, writing everything down in detail like the storyteller he is and finally getting down to the clothes.

Freedom of expression is Umit’s main goal in life and the reason he decided to be a fashion-maker. With each collection, he addresses issues that touch him personally, be it misconceptions around a beard, the ethos of outlaw artists who wander metropolitan streets at night or memories of a girlfriend who loved menswear.

Umit’s own brand of fashion-making might be charged with a narrative aura, but it’s the the clothes that really speak by themselves, oozing a quintessential masculinity. They are sophisticated, luxurious and sturdy: the wardrobe of choice of elegant men who get their hands dirty. Refined yet raw, the Umit Benan man is authentic, powerful, full of lively contrasts. Like life.

Delivery: End of July 2021

All sales are final. No cancel order, No return, No exchange, No exceptions!

Shoyoroll's product is not shipped right away. Please carefully check the approximate delivery date before placing an order. 

Once placed order can't change size.

Your cart